• 2008.6.16

    白髭神社

    梅雨の季節、雨の間合いを縫い晴天に恵まれた日に梅雨で滅入った気持ちを気分転換するためにドライブに行ってきました。

    場所は国道161号線を奥琵琶湖に向かって車で走ると見えてくる白髭神社、この神社がすごいのは、宮島の朱塗りの鳥居が海の中の立っているように、この白髭神社も巨大な鳥居が湖海の中に立っているのです。私はこの鳥居を見るのが好きです。晴れた日、太陽の光が湖面に反射して湖面が鏡みたいになり、その中に鳥居が立っているのがとても神秘的に見えとても気に入っています。特にこの梅雨の季節は雨で気持ちが滅入るので良くここに来ます。みなさんも一度白髭神社に行って見てください。


    大きな地図で見る

    今日のサービスランチ  洋食  牛サーロインステーキ、胡麻風味のソース  和食  鯖の塩焼き、出し巻き添え

    p6160188.JPG   p5210046.JPG

    明日のサービスランチ  洋食  豚の細切れのしょうが焼き  和食  烏賊と茄子のチリソース

  • 2008.6.8

    櫟野寺(らくやじ)

    category:

    lrg_10133184.jpg

    櫟野寺(らくやじ)
     

    奈良時代末期、最澄が霊夢を感じ、櫟(いちい:クヌギ異名)の生木に十一面観音像を彫り、それを本尊として開山したと伝わるお寺で、私共、地元の人間には「いちいの観音さま」の名で親しまれています。

    鎌倉時代には源頼朝の帰依を受け、末寺7カ所を数えるまでに栄えましたが、16世紀後半に火災により焼失したそうで以来、再建を重ねて今にいたっています。
     本尊の観音は、像高323cmで、十一面観音としては日本最大級のもの。日本最大級ですよ!!

    厨子入りの秘仏で、毎年11月3日に特別開扉します。厨子のまわりには聖観音菩薩立像、薬師如来坐像など、20体もの重要文化財があり、仏像彫刻が堪能できます。
     山門の左手に、推定樹齢千年とされる櫟の大木が、右には最澄のお手植えという槇(マキ)の木が残っています。なんとなく厳かな気分にさせてくれるお寺です。

    宝くじを今回、買いましたのでドライブがてらお参りをしようかと考えている私でした。ヽ(`◇´)/


    大きな地図で見る
    ?

  • 2008.6.7

    アヤメが見頃

    category:

    1_01.jpg

    野洲市にあるマイアミ浜オートキャンプ場の「アイリスパーク(あやめ公園)」では、只今アヤメが見頃です。白や紫色の鮮やかなアヤメの花を目にすることが出来ます。園内には、約800種・8000株ものアヤメが植えられてます。アヤメは品種によって咲く時期が違うため。6月中旬くらいまで楽しめますよ。


    大きな地図で見る

    今日のサービスランチ  洋食  パスタカルボナーラ  和食  チキンカツ丼

    p6070151.JPG   p6070152.JPG

  • 2008.5.14

    近江八幡観光パスポート発売中

    category:

    999_0.jpg  s-05405.jpg

    近江八幡観光パスポートを、1冊(1000円)をお買い上げいただくと、市立資料館(近江商人屋敷他500円)、かわらミュージァム(300円)、八幡山ロープウェー往復(700円)、ボーダレスアートミュージアム(200円)がご利用頂けます(1冊で700円お得になります)。他にも、水郷めぐりの300円引き(2100円→1800円)や近江鉄道バス350円区間の50円割引券「4回付き」、さらに、市内のお土産や郷土料理店、喫茶店、等々において5%オフや粗品進呈などのサービスを受けられる、大変お得で便利な内容になっています。お買い求めは、近江八幡駅北口観光案内所(電話0748-33-6061)、白雲館(電話0748-32-6181)、等々で発売中です。

  • 2008.5.11

    草津の道の駅

    ゴールデンウィークは天気もよく絶好のドライブ日和だったので、前から美味しいと人から聞いていたラーメンを食べに行きました。場所は草津の道の駅です。

    ラーメンは二種類(味噌ラーメンと醤油ラーメン)ありました。味噌ラーメンを注文しましたが、味噌は辛味噌で味噌の甘味の中にピリッと唐辛子の辛味があり美味しかったです。あとおにぎりも注文したのですが、これが予想に反してとても美味しかったです。種類は塩だけのおにぎりと梅のおにぎりでしたが、特に塩おにぎりが美味しかったです。ごはんは食べると、口の中でほろっと崩れように程よい堅さににぎられており、また塩加減も抜群でした。あと道の駅で目立った物は、あおばなを使った物(お茶、お饅頭、ソフトクリーム)がありました。ラーメンとおにぎりでお腹がいっぱいになり食べれませんでしたが、次回は食べてみたいと思っています。


    大きな地図で見る

  • 2008.5.4

    油日神社

    category:

    aburahj1.jpg

    JR油日(あぶらひ)駅の東約1.7km油日岳(694m)の北西麓にあります。昔、この山頂に油日大明神(あぶらひだいみょうじん)が降臨し、そのとき大光明を発したので、「油日」の名が起こったといいます。山頂に「岳大明神(だけだいみょうじん)」の奥宮が祀られ、奥宮に対する里宮が油日神社です。古くから朝廷の崇敬が厚く、甲賀の総社と敬われ、油の火の神として庶民の信仰も広く集めました。現在でも全国油業界の信仰が厚くあります。明治維新までは神仏習合の色彩が濃く、室町時代の絹本著色十一尊蔓荼羅図(きぬほんちゃくしょくじゅういちそんまんだらず)、千手観音三尊蔓荼羅図、種子三千仏などが保存されていることなどは、そのことをよく物語っています。
     広大な神域には、数百年を経た老樹が密生し、社殿は古社の様相をよく伝えています。正面の参道から見ると、楼門・回廊(かいろう)・拝殿・本殿が一直線に整然と並んでいます。いずれも、重要文化財に指定されている室町時代の神社建築ですが、このようにまとまって一境内に現存しているのは、県下でもきわめて珍しいです。太鼓踊りなどの祭礼も意義深いものがあります。見事な神社建築だけでなく、山岳信仰や民俗行事も見落とせません。
    <重文>本殿 楼門及び回廊(3棟) 拝殿

    最後になりましたが…油日神社の油日大明神、このガソリンの高騰をなんとかしていただけないものでしょうか?


    大きな地図で見る

  • 2008.4.8

    滋賀県の桜情報

    category:

    11389.jpg

    最近春らしい暖かい日が続いていますが皆様いかがおすごしでしょうか?ホテルのフロントのカウンターからも、満開の桜が目に飛び込んできます。今回は滋賀県の桜の名所をいくつかご紹介させていただきます。

    まず、大津にあります三井寺の桜をご紹介させていただきます。三井寺の桜は、滋賀県の中でも有数の桜の名所で、三井寺とその近辺にある琵琶湖疎水の両側ぎっしりと咲きます。4月1日から17日はライトアップされ、夜桜も楽しめます。夜間照明に照らしだされた桜のトンネルは、息をのむほどの美しさです。4月9日には、夜桜のコンサートが夜桜をバックに開催されます。

    その他、今ご紹介しました三井寺の近辺にある長等公園の桜や、坂本の日吉大社近辺の桜、彦根城の桜、少し遅めのびわ湖バレイの桜などが滋賀県の中では有数の桜の名所となっております。

    最後に、以前も当ホテルのブログでご紹介させていただきました、琵琶湖北部にあります海津大崎の桜をご紹介させていただきます。遅咲きで知られる海津大崎の桜は「日本の桜名所100選」にも選ばれており、桜のトンネルは一度訪れたらやみつきになるほどの美しさです。私自身も数えきれないほど行っていますが、本当にきれいですよ。なので特に土曜日・日曜日はかなり渋滞しますので覚悟して行って見てください。

  • 2008.4.4

    近江神宮時計博物館

    myweb1011012.jpg

    近頃少し暖かくなって来たので、近くに散歩がてら前から気に成っていた近江神宮の時計博物館に行って来ました。1階部分は休憩所に成っており、2階部分が展示スペースになっていました。1階には70年代と思われる国産のデットストックが数本売られていました。2階の入り口では時計修理を受け付けていました。寄贈された複雑な和時計も修理されており国内屈指の技術と知識を持った時計師さんが常駐しているようです。2階の展示スペースには、戦前から現代までの時計が沢山展示されており時計に詳しく無い人が見に行っても結構楽しめるところだとおもいました。時計博物館の観光の拠点には、草津の当ホテルを是非ご利用下さいませ。

    myweb1011005.jpg?   myweb1011008.jpg


    大きな地図で見る

    今日のサービスランチ  洋食  ハンバーグステーキ、山椒風味  和食  鰆とたけのこの煮付け

    p4040398.JPG  ハンバーグと山椒が意外とよく合うんです。

    明日のサービスランチ  洋食  たけのことアサリのパスタ  和食  鮪の山かけ丼

  • 2008.2.23

    「びわ湖雪見船」と比良山系の雪景色

    毎日寒い日が続いていましたが、この2?3日はやっと春が近づいてきた気配がします。今年の冬は暖冬と言われていましたが、1月の末頃から連日寒い日が続き、そのおかげで今、琵琶湖西岸にそびえたつ比良山系の雪景色が本当に綺麗な時期となっています。

    只今、冬の風物詩として人気が高い「長浜盆梅展」(長浜市)や「坂本盆梅展」(大津市)の期間に合わせ、大津港を出発して湖北長浜港へと向かう往復航路「びわ湖雪見船」を3月10日まで運航しています。この「びわ湖雪見船」は、比良山系の雪景色を中心に満月寺の浮御堂や白石、遠方には沖島や多景島など、琵琶湖を縦断して湖国の景勝地を訪ねるコースで、船窓からは絶景が次々と目に飛び込んできます。是非この機会に普段は見ることのできない琵琶湖の景観をお楽しみ下さいませ。

    しかしながら、時間に余裕のある方ばかりとは限りません。でも、ほんの少しでも余裕のある方は、せっかく琵琶湖まで来られたのなら、せめて、琵琶湖大橋付近の湖周道路から、青々とした琵琶湖をバックに雪化粧した比良山系の山々を見て帰って下さい。このあたりなら、当ホテルから車で30分はかからないと思います。本当に綺麗ですよ!!

    詳しくはこちらまで  ↓     ↓     ↓

    http://www.biwakokisen.co.jp/event/18.html

  • 2008.2.21

    近江神宮の競技かるた

    category:

    s-07336.jpg?   s-10928.jpg

    先日、いつもニュースなどで気になっていた、競技かるたを近江神宮まで見に行ってきました。今年は、男性の部では名人戦で10連覇を達成出来るかもしれない人が出場。女性の部では、史上最年少の優勝者が誕生するかもしれないと聞き期待をして見に行きました。期待通り見ごたえがありました。男性の部では見事に名人が10連覇を達成され、女性の部でも見事に最年少のクイーンが誕生しました。本当のかるた競技が、あんなにスピード観がありスポーツ的であるとは実際に見に行って始めて知り感動しました。また来年も見に行きたいと。近江神宮の競技かるたは、毎年1月の第一土曜日に開催されます。

    ホテル21から近江神宮までは、お車で25分ほど。

    今日のサービスランチ 洋食 鶏肉の九条葱ソース焼き 和食 チゲ鍋

    p2210185.JPG

    明日のサービスランチ 洋食 ハッシュドビーフ  和食 おでん