• 2008.7.13

    信楽火まつり

    category:

    himatsuri2008_omote_s.jpg

    火まつりは、古くは数百年前、江戸時代以前よりつづくと伝えられる祭りで、「 陶器づくりに欠かせない火 」、 「 産業や生活・文化に欠かせない火 」への感謝と火に関わる安全を願って行われます。
     新宮神社から、愛宕山山頂の神社(愛宕・秋葉神社、陶器神社)に松明を奉納します。このまつりは、もともと7月23日に行われていましたが、近年、 7月の第4土曜日に開催されています。奉納ルートは、奉納提灯、 沿道の足灯り、イルミネーションなど様々な趣向を凝らした約2km(約50分)。毎年700本程度の松明が奉納されます。
     終点では、花火を背景に、紫香楽太鼓「炎」が演奏され、奉納者には記念メダルが渡されます。

    新名神開通でますます近くなった信楽へ、火まつりを見に行きませんか?

    開催日 7月26日(土)

    信楽 火まつりの詳しい情報はこちらから ↓

    http://shigaraki.or.jp/fire_fes/index.htm

  • 2008.7.8

    伊崎の竿飛び

    category:

    10076.jpg???? 05342.jpg

    JR近江八幡駅の北約9.2km、伊崎寺で毎年8月1日に行われる行事です。長さ約13mの太い角材が、水平に琵琶湖に突き出ていて、俗に竿と呼ばれています。当日、褌姿の若者がこの竿の先から豪快にダイビング、または、竿先につけた鉄の環に足をかけてぶら下がった状態から、7m下の湖面に飛び降ります。 竿とび行事は、今から約1100年前にこの寺で修行中の建立大師が、寺の眼下に広がる琵琶湖に空鉢を投げて、湖上を行きかう漁民たちに喜捨(きしゃ)を乞い、そのあと自ら湖中に飛びこんで空鉢を拾いあげた、という故事に基づくと言われています。

    *なお、飛込み行事は行者のみで一般の人は参加できません。

  • 2008.7.6

    第32回鳥人間コンテスト選手権大会

    category:

    大空を翔ぶことを夢見た全国の鳥人が全国から彦根に集合します。智恵をしぼり工夫を凝らした機体と勇気ある飛行……。会場はテレビでは味わえない感動と熱気で溢れます。
    初日は人力プロペラ機タイムトライアル部門、滑空機部門、2日目に人力プロペラ機ディスタンス部門開催予定。

    ?2008年7月26日()
    2008年7月27日() 8:00から(27日は6:00から)


    大きな地図で見る

  • 2008.7.5

    びわ湖大津夏まつり

    category:

    s-07426.jpg

    びわ湖大津夏まつりは、“遊楽琵琶湖(YOU LIKE BIWAKO)”をスローガンとして例年趣向を凝らしたイベントが開催されます。 1日のハイライトは、夜の江州音頭(こうしゅうおんど)の総おどりです。あたりが薄暗くなり始めた午後7時半頃、提灯に灯がともったステージに音頭取りが上がり、いよいよ総おどりが始まります。江州音頭にあわせ一斉に舞い踊る様子は、実に壮観な眺めです。

    今日のサービスランチ  洋食  アンチョビーと彩り野菜のパスタ  和食  オクラ丼

    p7050303.JPG   p7050305.JPG

  • 2008.6.28

    クールアース・デーに参加しよう!

    category:

    7月7日は、地球温暖化問題を重要課題の一つとする洞爺湖サミットが始まる日。
    政府では、7月7日を「クールアース・デー」として、夜8時から施設や家庭でのライトダウンを呼びかけています。
    皆さんも七夕の夜空の下で、地球の未来に想いをはせてみませんか。

    チームマイナス6% クールアースデーの詳しい情報、参加方法はこちらから ↓

    http://www.wanokurashi.ne.jp/act/campaign/index.html

    tenntou.JPG     syouto.JPG  

               点灯時                            消灯時、こんな感じ。

  • 2008.6.20

    清水焼お膝元の「陶器まつり」

    category:

    kiyomizu-toki.jpg

    すっかり京の夏の風物詩として定着し、毎年10万人もの来場者で賑わいます。洗練された品質、風合、デザインなど高い評価を得ている京焼・清水焼。その生産団地(清水焼団地)の総出演の陶器市です。
     「市」に参加する店舗は100店近くもあり、器、陶芸品、花器、茶道具など数十万点が平常価格の3?5割引で売られ、宅配便も可能です。当日はJR京都駅からの臨時バス運行。大型バスの駐車場も有ります。

    開催期間 7月25日(金)?27日(日) 10時?21時

    【清水焼団地】山科区川田清水焼団地町 JR「山科駅」より 京阪バス29「清水焼団地」
    お問い合わせ:清水焼団地協同組合 TEL 075(581)6188


    大きな地図で見る

    今日のサービスランチ  洋食  ゴーヤチャンプル  和食  海老とアボガドのサラダ仕立て

    p6200216.JPG   p6200212.JPG

    明日のサービスランチ  洋食  夏野菜入りパスタ  和食  鶏の唐揚げ丼

  • 2008.6.19

    滋賀県で一番早い花火大会

    category:

    8454_1.jpg

    りっとう市民夏まつり2008 第1部花火大会が、野洲市との合同で開催されます。県下で最も早い花火大会。夏の夜空を約1000発の花火が彩ります。野洲川の水面に映る華麗な花火をぜひご家族や友達、グループでお楽しみください。
    ・模擬店(午後5時?8時30分)
    ・花火の打ち上げ時間(午後7時45分?8時30分)

    ※荒天時は21日(月・祝)に順延

    今日のサービスランチ  洋食 鶏もも肉のソティー、バーベキューソース  和食  天ぷらそば

    p6190208.JPG  p6190205.JPG

    明日のサービスランチ  洋食  ゴーヤチャンプル  和食  海老とアボガドのサラダ仕立て

       

  • 2008.6.6

    井伊直弼と開国150年祭

    category:

    pk2008060502100093_size0.jpg   top.jpg

    ついに開幕。6月4日から1年10ヶ月もの間のロングイベント。茶の湯や和歌などにも通じた新たな直弼像を発信する彦根市を中心としたイベントです。昨年の彦根城築城400年祭に引き続き「ひこにゃん」がイメージキャラクターを続投。

    記念式典では、彦根城博物館の内堀土手で「井伊の赤備え」と勇名をはせた甲冑姿の「彦根鉄砲隊」による号砲で華々しく開幕しました。

    自転車タクシーのベロタクシーや彦根城のお堀めぐりの船などもありますよ。

    s-cimg0457.jpg   s-cimg0472.jpg

    井伊直弼と開国150年祭の公式サイト → http://www.hikone-150th.jp/

  • 2008.5.28

    怪奇現象??

    p1000195.JPG???????????????????????? p1000196.JPG

    皆様上記の写真はなんだかわかりますでしょうか??

    霊魂??

    いえいえ、実はなのです!!

    p1000197.JPG

    5月24日?6月8日まで第5回守山ほたるパーク&ウォークが守山市で実施されており、早速行って参りました

    蛍を発見したとき、思わず子供のように「いた!いた!!」とはしゃいでしまいました。人工のイルミネーションも素敵ですが、蛍の光もなんとも言えない美しさがあります。大人になってから見る蛍もいいものですね。思わず泣けてきそうで、癒されます。

    皆様に、その感動をお伝えしたっかったのですが、蛍は明るいのが苦手なためフラッシュ撮影は禁止で上手く撮影できませんでした。残念!!

    p1000178.JPG  p1000189.JPG   p1000207.JPG 

    写真には写らない美しさがあるから?♪(どぶねずみじゃないですけど)←若い子は分からないかな

    ボランティアガイドの方がおっしゃるには、「しっかり、目と心に焼き付けて帰ってください」とのこと。ですので、皆様も一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

    お車でお越しのお客様は守山市民運動公園が駐車場になっております。電車でお越しのお客様は草津駅から一駅向こうの守山駅(約5分)で下車してください。

    守山駅⇔守善寺⇔三津川河川公園⇔目田川⇔市民運動公園をほたるエコバス(300円)が運行してますので是非御利用くださいませ。

    詳細はこちら→http://www.lake-biwa.net/akanoi/par2008/

    今日のサービスランチ  洋食  鶏肉の香味焼き  和食  鯖の塩焼き、出し巻き添え

    p5280092.JPG  p5280089.JPG

    明日のサービスランチ  洋食  黒酢風味の酢豚  和食  天ぷらうどん

  • 2008.5.23

    一度は見てみたい祇園祭り

    category:

    gion_junko-1.jpg  gionmap.gif

    コンコンチキチン、コンチキチン…と町中を包む祇園囃子。7月の京都は祇園祭一色です。
     「祇園祭」は八坂神社のお祭りで、日本三大祭のひとつ。その悠久の歴史、豪華さ、祭事が1カ月にもわたる規模の大きさでも広く知られ、京の町衆の祭として発達してきました。日本の夏の祭りの代表ともいわれています。祭の始まりは、およそ1100年前、日本全国の国の数の鉾(ほこ)66本をつくらせ、疫病退散のために祇園御霊会を行ったのがはじまりと伝えられています。
     祭は7月1日の吉符入から31日の夏越祭まで続き、実に多彩な神事・行事が催されます。都大路・小路に山鉾が建ち始めると祇園囃子にも熱が入り、賑わいは最高潮に…。なかでもハイライトは17日に行われる32基の山鉾巡行。山鉾のうち29基は、重要有形民俗文化財に指定されていて、美しい綴織、西陣織などのタペストリーの美術品で飾られた、まさに屋外移動美術館ですね。

    京都市内は、宵山・山鉾巡航の日などはすでに満室のようですが、当ホテルはまだ余裕があります。京都駅まで18分。例年6月に入ってから急に予約が入り、満室になりますのでご予約はお早めに!